電話占い当たる|ウラニアン|ameridebtservices

占いがよく当たる占い師には自然と人が集まってくるものです - 「電話占い」と聞くと思い出す、小学校の頃の思い出

「電話占い」と聞くと思い出す、小学校の頃の思い出

私が小学生高学年だったころ。
それはとても大昔のことなのですが、『占い』にとても興味がわいた時がありました。
活字を読むということは全くもって興味が無いものでしたが、占いの本は別でした。
学校の図書室にあればよかったのですが、当時は遊び関係の本はありませんでした。
そんな小学生の私が占いの本に出会ったのは、できたばかりの近所の図書館でした。
きれいな図書館はとても魅力的で、入っただけで本好きな自分になった気分でした。

そこで、本を借りてる人たちを見て、自分も借りたくなりました。
親に手続きをしてもらって、それからは自由に借りることが出来ました。
目につく本がたくさんあり過ぎましたので、まずはさーっと眺めました。
その時に、星座占いの本に目が止まりました。
「乙女座、乙女座…あった。」自分の性格に合っているのだろうか、
もしくは、ここに書いてあることが本当のことで、実は自分はこういう性格なのか、
そんなことを思いながら、自分の星座の後は、親や兄弟の星座も見ました。
当たっているのかどうか、本当の性格は本の通りなのか、やはり思いました。
「そうだ、友達はどうだろう。」
そう思うと、いえに帰って友達の誕生日と照らしあわせてみたくなりました。
そんな風にして、星座だけではなく、生まれ月占いや、血液型占いやらを、
楽しむようになりました。

私は、お友達にこれらの占いの結果を教えてあげたくなりました。
そして朝学校に行くと、一番のお友達にいろんな占いの結果を書いたメモを渡しました。
とてもありがたがれました。そして、そのメモの周りに他の子たちも集まってきました。
「いいなあ。」「私のも調べて~」「私、双子座!」「私のも!8月生まれ。」
まずい。もう、先生が教室にやって来る時間です。
でも、この騒ぎを止めることは私にはできませんでした。

この後、こっぴどく叱られたのは言うまでもありません。
別に騒ぎを起こしたかったわけではないし、こうなるなんて思っても見なかったのに。
でも、原因は私にあると、私は騒いでいなくても、学校で使わないものを持ってきたのは悪い、と。
『占い』と聞くと、数十年たった今もこの時のことが頭の隅をよぎります。

Copyright(C)2014電話占い当たる|ウラニアン|ameridebtservicesAll Rights Reserved.